子どもの心を満たす




教室での禁止事項は、


本当に危ないこと、


そして、


人の嫌がること。


これをやったら、もしくはやる前に止めます。


でも、それ以外は基本的にダメなことはありません。



危ないことというのは、子どもたちにとっては魅力的なことであったりもします。

“危ないからダメ”というのは簡単です。


でも、規制が多すぎると子どもの自主性は育ちません。

なので、こちら側の工夫が必要なのです…。

 


例えば、

教室では、木でできた球を転がすこともあります。


直径4センチの木の球は投げると危ないです。(写真は小さなビーズですが…)


でも、小さな子たちは“投げてみたい”という気持ちがあります。


さすがに、小学生で投げている子は見たことがありません。


なぜか?


小学生は、木の球を投げたら危ないということが予想できるからです。


でも、この世に生まれてまだ何年もたっていない子にとって、


そんなことは予想できません。


だから、

純粋に“投げてみたい”と思うのです。


ちなみに、なんとなく予想できるようになっても、

“投げたい”欲求のほうが強ければ投げます。


木の球を人に向かって投げたら危険です。

窓や物があるところも危険です。



でも、

誰もいないところに向かって投げることは危険ではありません。


だから、そういう環境を設定して、

子どもの“やりたい”を満たしていきます。



親子クラスは特に、

子どもの欲求を満たすことに全力を注ぎます。


なので、作品をつくることを目的にはしません。


今のその子の心を満たすことを目的としているので、

作品という目に見える“結果”よりも、

どんなことを経験したか、という“経過”を大切にしています。



“満たされる”感覚は、“自信”へとつながっていきます。


だからこそ、小さなうちは“満たされる”ことをたくさんやるべきなのです。


そうやって育った子は心が安定します。


心が安定した子は、間違いなく育てやすい。

そんな特典ももれなくついてきます 笑




Copyright (C) 2017knospe All Rights Reserved.