​夏休みイベント クノスペ海へ遊びに行こう!

3年ぶりの夏休みイベントの開催です!

いつもとは違い、お弁当を持ってやって来た子どもたち。

ウキウキと目を輝かせていたり、少し緊張気味だったり…

色々な気持ちをのせて、楽しい一日のスタートです!

午前の部、最初の制作はお魚づくりです。

絵本『うみのそこ探検』を読み、海にはどんな生き物がいるか、想像をめぐらせます。

​幼児クラスは発泡スチロールを組み合わせて、好きな魚の形を作っていいきます。

ヒレやしっぽ、好きな形を組み合わせ、どんな形がいいか考えながら制作します。

形ができたら、色をぬっていきます。

本物のような色あいにしてもよし、好きな色を塗ってもよし、

作ることを楽しみながら制作に没頭する時間が続きます。

最後に目や、うろこなどをつけたら完成です!

できた魚の説明を一生懸命してくれる子どもたち。

想像しながら作ることの楽しさを感じたようです。

小学生クラスは、発泡スチロールを土台にして、海の中を表現していきます。

ベニヤ板の端材は、サンゴ礁やワカメなどに。

魚やタコ、サメなど、海の中の生き物は発泡スチロールを切って表現しました。

細部までこだわりぬいて制作し、2時間かかって大作が出来上がりました!

​いつもより長い制作時間でしたが、集中力が途切れることなく、頑張りました。

お弁当を食べてから、午後の部の始まりです。

絵本『チリとチリリ うみのなか』という絵本を読み、今度はみんなで海づくりです!

透明シートの上に絵の具を出し、手で伸ばしていきます。

最初は「いや~」と言っていた子も、一度絵の具を付けてしまえば、あっという間に絵の具だらけに!

「もっともっと!」という子どもたちに、どんどん絵の具が足されていき、あっという間に絵の具の海の完成です。

絵の具の海に、四角と三角の折り紙で、魚や竜宮城などを作ったら、とても賑やかな海になりました。

最後はみんなで描いた海で遊ぼう!

​みんなで描いた海を屋根にして、外で思いきり水遊びです。

上から、横から流れてくる水に「きゃっきゃっ」と笑いながら、

​とても楽しそうに水を集めては流したり、水にダイブしたりと、ずぶ濡れになりながら夢中になって遊びました。

子どもたちの真剣な表情、夢中になっている姿、思いきりはしゃいだ笑顔、たくさんの顔が見ることができました。

楽しい一日はあっという間でしたが、夏の思い出のひとつになったかなと思います。