1週目 二等辺三角形の版画

まずは、直角二等辺三角形と正方形の積み木を使って遊びました。

 

三角と四角を並べて色々な模様をつくっていきます。

また、作った模様を合わせ鏡越しにのぞいてみると、違う模様が現れます。

子どもたちは何度も模様を変えて鏡をのぞき込み、楽しんでいました。​

小学生クラスは直角二等辺三角形と正方形という形の名前にも触れ、形の理解を深めました。

 

二等辺三角形と正三角形の形の関係性を、遊びながら感じとった子どもたち。

次は制作にとりかかります。

 

まずは、波の模様をした二等辺三角形を切り、正方形のマスに並べていきます。

好きなように三角を並べたら、版画インクをつけて版画をしました。

黄色、赤、青、緑、好きな色を何度か刷っていくと三角がいくつも重なり合い、最初とは違う印象の作品ができあがりました。

今回は、じっくりと手と頭を動かしたレッスンとなりました。

​集中して四角と三角に向き合った時間は、楽しくあっという間に過ぎていきました^^

2週目 三角形のタペストリー

まずは、絵本『いろいろクリスマスツリー』を読みました。

氷のツリー、お菓子のツリー…色々なクリスマスツリーがでてくるお話で、ツリーのイメージを自由に広げていきます。

今回は布にツリーを描いていきます。

マスキングテープでツリーの形を描き、絵の具で塗っていきました。

ツリーが塗れたら、マスキングテープをはがします。

すると、ツリーがきれいに浮かび上がりました。

​その後は、ツリーや周りを自由に彩色し、タペストリーの完成です。

個性豊かな様々な形、色のクリスマスツリーが出来上がりました。

​クリスマスが楽しみです!

3週目 円錐クリスマス

最初に絵本『100人のサンタクローズ』を読みました。

100人のサンタがかぶっている色々なデザインの帽子を見ながら、「みんなも好きな帽子をつくってみよう!」と話しました。

 

まず、円錐の形がどうやったら作れるかをみんなで考え、半円から円錐をつくることを学びました。

それから、半円の厚紙に自由に色を塗り、円錐の形に組み立てます。

最後に、布や綿で帽子を飾ったら完成です。

自分でデザインした帽子をみんな嬉しそうにかぶってくれました。

お家でも気に入ってかぶっていたというご報告をたくさんいただき、ありがとうございました♪

(小学生は、帽子でも円錐の形のオブジェでもどちらでも可としました。)

帽子が完成したら、天井から垂れている紙テープを一本ずつ床に貼っていき、大きな円錐ツリーをみんなで作りました。

みんなでワイワイと作る時間はとても楽しそうでした^^

最後は部屋を暗くして、ライトを点灯し、クリスマスの雰囲気を味わいました。

今年最後のレッスン、笑顔で締めくくることができてよかったです。

​また来年も、楽しくのびのびと表現しましょう!