意外と知らない遊びの話




あなたのお家にはどんなおもちゃがありますか?


おもちゃには実は、2種類のものがあります。


遊び方が決まっているおもちゃと、遊び方が無限に広がっていくおもちゃです。


例えば、パズルは遊び方が決まっていますね。


一方で、積み木は遊びが広がっていくおもちゃです。


人形の家になり、車の線路になり、高い塔になり、ドミノになり…

単純に積み木を積んでいくだけでも、自分のアイディアや工夫次第でどんどん形を変えていけます。


どちらが良いという話ではありません。

ただ、遊び方が決まっているおもちゃにばかり触れていると、

自由度の高いおもちゃを目の前に、どう遊んでいいかわからなくなってしまうのです。


遊びに正解も不正解もないのに、

「どうやって遊ぶの?」と正解を求めてしまう…


自由度の高い遊びは、

子どもの創造力や思考力を育てるのにもってこいの遊びです。

ひとつのモノに、たくさんの可能性が詰まっていることを感じることができます。


こども造形教室クノスペでは、

素材そのもの、形そのものでよく遊びます。

色々な大きさ、硬さの球を転がす

円柱を転がす、積む

風船、紐、粘土、段ボール…で遊ぶ


今の子どもたちのまわりには、大人のつくったおもちゃがあふれ過ぎています。

本来、子どもは遊びの天才です。

大人が作ったおもちゃより、

単純なもので遊ぶ方が、どんどん遊びが発展し、夢中になれるのです。