トランプ大好き!



最近、長女(4歳)がトランプに夢中です。


ババ抜きとブタのしっぽがお気に入りです。


神経衰弱は苦手。

私と長女でやると終わりません 笑



保育園でも必ずと言っていいほど、迎えに行くとやっているし、

家でも朝と夜に必ずつき合わされます。


誰も相手がいないと1人でブタのしっぽをやっています 笑

「とれた!イェイ!」と言いながら…


子どもって興味のあることは本当に吸収が早いですよね。


長女も、トランプで遊んでいるうちに、数字が読めるようになり、

10までしか数えられなかった数字が20くらいまで数えられるようになりました。


一時期、時計に興味を持っていて、

紙に時計を見ながら数字を書いていたので、

数字のドリルを買ってみました。


結果、すぐに飽きました…


ダメですね…

そんなもの買わないで、数字を自由に真似て書かせていればよかったんです。


書き順が違う!

とか

ドリルならもっと上手に書けるようになるかも…


なんて思って遊びを“勉強”に変えてしまいました。



子どもは遊びの中でたくさんのことを学んでいきます。


特に小学校に入る前までは、遊びの中から学んでいくことが一番大切。


トランプから数を学び、

絵本から言葉や文字を学びます。


食事の場面でも、学びはたくさんあります。

例えば、イチゴのつぶつぶは何?

こんにゃくは何でできているの?とか。


保育園、幼稚園の登下校でも

霜柱ってどうしてできるの?

どうして月は光っているの?

飛行機はどやって飛ぶのとか。


子どもは何でも知りたがりますよね。

そんな素朴な疑問に、きちんと向き合ってあげることが大切。


親でも分からないことはたくさんあります。

そんなときは、図鑑やインターネットで一緒に調べます。


本当はそうやって、学んでいくのが学びの第一歩なのだと思います。


「出来ない」ことが「出来る」ようになる喜びや


「分からない」ことが「分かる」ようになる楽しさを


生活の中で培っていく。




そうすると、小学校へ行っても“勉強すること”に抵抗がなくなる。


なぜって、そんな子は出来る喜び、分かる楽しさを知っているから。

だから、勉強が面白いと感じることができるんです。



余談ですが、

お月見の夜、長女とお団子をつくりました。


お月様にお団子をお供えしたときに、

「お月様はどうやってお団子を食べるの?」と聞かれました。


「月なんだから、食べないよ!!」

なんて答える人はいないですよね?


子どものファンタジーにはファンタジーで返してあげてくださいね。


ちなみに私はその時、

「見せてあげれば喜ぶよ」と微妙な答えしかできませんでした…。


いい答えがあったら教えて下さい!



Copyright (C) 2017knospe All Rights Reserved.