人参ピラフ事件


※写真はイメージです。


我が家の次女(1歳8ヶ月)はとっても偏食です。

基本、お米しか食べないので、ご飯にいろんなものを混ぜ込みます。

混ぜ込みすぎると怒られますが…。

先日、今まで食べられなかったケチャップご飯(人参、玉ねぎ、ピーマン入り)を食べられるように。

パクパクすごい勢いで食べる次女を見て、調子に乗った母は、

次の日、“人参ピラフ”なるものを作ってみました。


ところが、ご飯を食べた瞬間、キレて泣きました…。

それはもう、手のほどこしようがないほどの号泣っぷり。


仕方なく、冷凍してあったケチャップご飯を解凍。

しかし、“ケチャップご飯”と“人参ピラフ”は見た目が似ているんです…。

なので、また同じものをだしてきたと思った次女はさらに号泣。

そこで、泣いている次女の口にケチャップご飯を入れると、

さっきと違うと気がつき、やっと静かな夕食に。


そんな次女は、保育園に行くまではほとんど離乳食は食べてくれず、

おっぱいばかりでした。


保育園に行けば食べるようになるだろう…

と思って、何の対策もしませんでした。


いざ、保育園へ預けると、何も食べない!

見事に何も食べない!

頑固すぎる次女に、泣く泣く断乳を決意。

1歳で断乳しました。


それからは、ご飯を食べるようになりました。

が…、

白米しか食べない!

おかずを全然食べてくれない!


仕方なく、ご飯に野菜を細かく刻んで食べさせています。(今も…)

とはいえ、少しずつ、彼女なりに食べられるものが増えているし、

体重もぐんぐん増えているし、

健康だし、

いつか食べられるようになるだろう…と思ってきながにやってます。


子育ては、育児書通りにはいきません。


今できなくても、いつかできるようになるハズです。


長女も、ずっと抱っこばっかりで歩いてくれない子でしたが、

いつの間にか、たくさん歩くようになりました。

どうやら、初めての場所や人がたくさんいる場所が怖かったようです。

あとは、単純に妹ができて、親に甘えたかったのだと思います。


大切なのは、その子の今を見てあげること、まわりと比べ過ぎないこと、ですね。




Copyright (C) 2017knospe All Rights Reserved.