親子クラスに入る前に知っておいて欲しいこと


我が家の次女は絵の具が苦手でした。


少し触ってみて…






















調子に乗った母に絵の具をつけられ…






















号泣。






















そんな次女は、姉が絵の具で遊んでいる横で、


色水遊びにはまっていました。


1歳半くらいの頃です。


このくらいの年齢の子で、水が好きな子はかなり多いです。


よって色水遊びも大好き。


うちの子もそうでした。


筆で混ぜてみたり、色水と色水を合わせたり…。


そんなふうに、色水遊びを繰り返していました。


最初は色水自体で遊んでいたのですが、

次第に色水を塗るという行動に変わってきました。


そんなある日。


長女と段ボールに色塗りをしていたのですが、

なんと次女が普通に色塗りをはじめたのです!


「何?私最初からできるわよ」 と言っているかのような表情で。


しかも、手に絵の具がついてもお構いなし。



















子どもって、やりたいと思ったことはやりきらないと次に進まないんです。


ちゃんとその子の中で流れというか、秩序みたいなものが存在します。


その流れを、大人が無理矢理変えてはいけないと思うんです。


例えば、作品をつくっていて、


絵の具で塗るという工程を私が用意していたとします。


塗るという行為は、

絵の具のチューブから絵の具を出し、

筆に絵の具をつけ、

作品に色をつけ、

筆を洗う 


これのくり返しです。



初めて、もしくはあまり絵の具に触れていない子どもが心を奪われるのが…


絵の具をチューブから出す

絵の具がついた筆を水で洗う(色水ができる)

色と色をひたすら混ぜる


この3つがトップ3。


絵の具をチューブから出して