パパの誕生日に…

こんにちは。

こども造形教室knospeの市川です。


昨日は主人の誕生日でした。

3歳の娘とケーキを作り、家族みんなでささやかですがお祝いをしました。


娘はケーキを作っているのか、つまみ食いをしているのか…

という感じでしたが、台所に立つということだけでも充分価値のあることだと思います。


普段食べている料理が、

どんな材料で、

どんなふうに調理されるのか…

それを知ることはとっても大事。


当たり前のように食べているご飯には、

たくさんのひとの努力がかくされている。

育てたり、獲ったり、運んだり…

そのうちのひとつが、つくること。


自分のつくった料理を「おいしい」と喜んでくれる人がいる。


誰かのために、何かをするって、自分も嬉しいことなんだと気がつく経験。

その経験は、きっと子どもたちの心に残ります。


忙しい毎日。

子どものお手伝いは逆に時間が余計にかかってしまいますが、

たまには、子どもと一緒にご飯をつくってみてはどうでしょう。




Copyright (C) 2017knospe All Rights Reserved.