お母さんも“行きたくなる”教室を目指して



クノスペには、活動に利用するアトリエのほかに、待合室があります。

待合室には、セルフサービスですが、紅茶やコーヒーが飲めるようになっています。

雑誌や本もおいてます*


なぜ、このような場所をつくったのかというと…


私には、もうすぐ4歳と1歳の娘がいます。

仕事復帰するまでは、ほとんど自分の時間はなく、家と近所の公園で過ごす毎日でした。

仕事復帰してからは、電車での通勤時間とお昼休憩が自分の時間。

子どもがいない外食、こんなにゆっくりご飯が食べられるなんて嬉しい!と

1人目の育休明けに感動したのを覚えています…。


そんな経験があり、

普段忙しいお母さんたちにも、ゆっくり過ごして欲しい…

という思いから、待合室をカフェ風にしました!

お子さんの活動の間、ゆっくりくつろいでください。

少し狭いのが難点ですが…

その分、自然に他のお母さんたちとも気軽にお話できるかな、と思います*


ちなみに、待合室の一部はマットを敷いて絵本を読んだり、おもちゃで遊んだりできるようになっていますので、小さなお子さん連れでも安心して過ごせます。

もちろん、パパも大歓迎です♪

Copyright (C) 2017knospe All Rights Reserved.