将来、求められる人材とは…?

最終更新: 2017年10月16日

突然ですが、あなたのお子さんが大人になる頃には、

今ある仕事の大半は人工知能にとってかわられる、

と言われていることをご存知でしょうか?

単純作業や肉体労働はもちろん、

医療診断や新薬開発なども人口知能が担うようになるそうです。


本当にそんな未来がくるのでしょうか?

未来がどうなるかは誰にも断定はできませんが、

多かれ少なかれ人工知能によってなくなる職業があることは確かです。


でも、実はこれまでも、

時代の進化とともになくなった職業や市場は山のようにあるのです。


そして、新しく生まれた職業もあります。

なので、今ある仕事がなくなり、新しい仕事がでてくるということは、

ごく自然なことなんですね。


ただ、ひとつ、今までと違うことは、求められる人材が変わるということです。


では、どんな人材が求められるのでしょうか?

それは、自ら考え行動できる人です。

新しい価値を生み出せる創造力のある人です。


人間の仕事は、人間にしかできないことに絞られていきます。


誰かに指示されなければ何もできない

柔軟な考え方が出来ない

物事を色々な角度から見ることをしない


そんな人は残念ながら、未来の社会で生き抜くことは難しいでしょう。

なぜなら、彼らの仕事は人工知能が担うようになるからです。


私たち親世代が受けてきた、知識の詰め込み、正解主義の教育では対応しきれません。

知識があるだけでは、人工知能と同じです。

むしろ、知識量や単純計算などは人間は人工知能に勝てません。

知識のその先を考えなくてはなりません。


なので、こてからはアイディアや創造力が重視されるんですね。


クノスペでは、造形活動を通して

お子さんが自分らしく将来の道を歩んでいけるよう、

思考力、創造力、主体性を伸ばすお手伝いをしていきます。


Copyright (C) 2017knospe All Rights Reserved.