東大生の親は「勉強しなさい」と言わない

子どもは遊びの中から様々なことを学び、考え、成長していきます。

子どもが「楽しい」と感じなければ知的欲求はうまれません。


無理やり勉強させても成績は良くなりませんね。

東大生のほとんどの親は「勉強しなさい」と言ったことがないそうです。


子どもが自発的に「やってみたい」「もっと知りたい」と思わなければ結局、

身にならず、意味がないのです。



造形活動は、子どもにとって本来身近な遊びのひとつ。

知識を詰め込み、正解や大人が設定したゴールがある教育とは真逆の立ち居地にあるのが

造形活動なんですね。


造形活動を通して、

子どもたちは自分の考えやアイディアを表現するために、

試行錯誤を繰り返します。

様々な形、素材からインスピレーションを受け、

ゼロからものを作り出す楽しさを経験します。


そんな経験を繰り返しおこなう事で、

子どもの自信に結びつき、自ら成長することができるのです。


こども造形教室knospeでは「あそび、まなび、そだつ」をテーマに、

造形活動を通して、「クリエイティブな思考、新しい価値を生み出せる創造力」を伸ばすお手伝いをします。



Copyright (C) 2017knospe All Rights Reserved.