問題です

最終更新: 2018年5月1日


このベニヤ板、円にするにはどうすればいいでしょう…??


4月1週目のコマづくりはこんな問いかけから始まりました。


幼児クラスは「??」でしたが、小学生になると「 まるに切ればいいんだよ !」という答えがでてきます。


「そうだね、まるに切るといいね」


「でも、切らなくてもまるは作れるんだよ」


そう言って、ベニヤ板を回すと…


子どもたちは、コマの回る様子を見て

「ほんとだ!まるが見える!」

と嬉しそうにしていました。


子どもたちの“円(まる)”をつくりだす方法の知識が増えました。


そして、ただ知識を得たのではなくく、実体験として得たのです。


切って円をつくる

回して円をつくる


物事の答えはひとつとは限りません。


実生活の中で、答えがあるものなんて、ほとんどないような気がします。


でも、学校のテストは答えがひとつの問題ばかりです。



答えがひとつの世界にどっぷりはまってしまうことは危険だと、私は感じています。


知識を得ることはもちろん必要なことです。


でも、それは誰にでもできること、です。


そして、知識を記憶することが人間よりも得意なのがコンピューターです。


つまり、知識量だけでは将来的に重宝されない可能性が高いです。



これからは、人間らしい想像力、思考力が必要な時代です。


もっと言えば、自分らしさを極めていくこと、オンリーワンであることが求められます。


クノスペでは、

実体験を通して物事を色々な角度からとらえていきます。


答えが多様にあるものづくりの世界で、頭を柔らかくし、想像力を鍛えていきます。