90分集中できる環境があります


こちらは小学生の作品。

和紙で作っているので、中に光を入れるととてもキレイです。


今回の制作はとにかく手数が多いかったです。

自分で正三角形の枠をつくり、平面から立体を作り出すことを経験する制作。


小学校の授業が45分。

その倍の時間、集中し続ける子どもたちには毎回感心させられます。


私は子どもたちにとって、有意義な90分になるように、環境を設定するだけです。


「口より手を動かしてね」とか

言葉で子どもたちの行動を促すことはありません。


子どもたちは、自分で工夫したり、面白いことを発見したりしながら、

自然とものづくりに集中しています。


子どもたちが「やってみたい!」と思えるようなワクワクすること


制作途中で自分なりに工夫できる余白を残しておくこと


「こうしたい!」と思ったときに、それをかなえる材料や道具が揃っていること


そして、何より制作に集中するために、作るためのもの以外余計なものがないこと


そんな環境を用意するだけ。


そんなものづくりの楽しさを実感できる環境に身をおくことで、知らぬ間に“集中すること”ができるようになってきます♪

Copyright (C) 2017knospe All Rights Reserved.