打ち込める習い事が見つからない…



私は、美術大学を卒業して学童クラブの職員として働いていました。


その時に、独学で保育士の資格を取得しました。


“専門(保育)の学校を卒業していない”

というコンプレックスがあり、資格の勉強とは関係なく

育児書を読み漁りました。


そして、自分の経験や専門分野(美術)の知識をかけ合わせながら、

どんな教育が子どもたちの“育ち”に必要かを自分なりに突き詰めてきました。


子どもの“育ち”をサポートする上で、

造形活動は最適な手段です。


もちろん、スポーツや音楽、勉強、子どもたちの“育ち”をサポートする手段は

造形活動だけではありません。


それでも、造形活動が優れていると思うのは、“誰にでも平等である”からです。


技術を習得する必要もなく

訓練をする必要もありません。


だから、優劣がつきません。


一見、生ぬるい環境のようにも思えますが、


クノスペの造形活動は、誰かと競って1番になることが目的なのではなく

造形活動を通して心の土台をつくることが目的なのです。


教室に通ってくれている子は

もともと、ものづくりが好きで通っている子と


ものづくりが好きというよりも、

保護者の方が、教室の方針に魅力を感じて通っている子


のどちらかです。


後者は完全に通わされていますが、

それでも、「やらされている」感じはなく、

むしろ「次はいつ?」と楽しみにしてくれています。


なぜなら、造形活動≒遊び だからです。


得意ではない子も楽しめる、成長できるのが最大の特徴です。


遊びで子どもが伸びるの?

楽しいだけじゃダメじゃない?


という声が聞こえてきそうです。


私の答えはこうです。

遊びこそが子どもを伸ばします。

(もちろんテレビゲームなどは除外です)

そして、楽しいという気持ちがなければ子どもは伸びません 。

遊びは思考力、行動力、想像力、協調性、感受性、大人になる前に身につけておきたい力の全てがつまっています。

机に座っていては身につけられない力です。


そして、勉強はいつからでもできますが、遊びは子どもの時期にしかできません。


遊びを通して身につけた力が心の土台となります。

しっかりと心の土台ができている子は、自然と勉強へと向かいます。


子どもたち、ひとりひとりの個性を認め、心の土台をつくること。

これがクノスペの使命だと思っています。


打ち込める習い事が見つからない…

とお悩みなら、ぜひクノスペに遊びにきてください。


造形活動の中で発見できる、本当の面白さや楽しさが待っています^^


体験参加のお申し込みはコチラ

Copyright (C) 2017knospe All Rights Reserved.