みんな同じでなくていい



習い事や幼稚園、学校…

子どもが自分で選べるようになるまで、子育ては選択の連続。


“みんながやっているから”この習い事をするとか

“みんながやっているから”この勉強法がいいとか


そういう理由だけで

子育ての選択をしないほうがいいと思っています。


みんなができること

誰にでもできること


がそこそこできるようになったって残念ながら何の強みにもなりません。


一億総起業家時代といわれる現代。

あなただからお願いしたい! あなたじゃなきゃダメなんだ! そんなふうに必要とされる人が活き活きと働けるようになってきています。

“みんな同じ”がよしとされていた時代から、

“個”が試される時代になってきています。


一昔前なら、稼いでいる=大企業に勤めているでした。

でも、今まわりを見渡せば、大企業に勤めていなくても

個人で仕事をして、楽しく稼いでいる人がたくさんいます。


みんなが知らなくても、

必要としてくれる人がいれば事業として成り立つことができるのです。


これからもそういう、“個”を活かした働きか方がますます当たり前になていくのだと思います。


だから、

みんながやているから

というよりも


この子に必要かどうか

この子の強みを伸ばせるかどうか

この子の世界が広がるかどうか


そんな基準で選んでみるといいですね。

Copyright (C) 2017knospe All Rights Reserved.